飯能むすびについて

「飯能むすび」は、埼玉県飯能の人と自然と文化を伝えるウェブページです。この地を愛するボランティアのメンバーが編集、取材をしています。遠くの人にも、近くの人にも伝えたい飯能の豊かさを、自分たちの目で、自分たちの足で調べています。

プロジェクトについて

「飯能むすび」のプロジェクトは、「平成17年度飯能市魅力アップ支援事業」の採択を受け、2005年5月にスタートしました。企画の段階では、約半年の間、地元を中心にのべ80人におよぶ方が会議に出席し、アイデア出しや、ディスカッションに参加してくれました。

名前とロゴについて

名前の「飯能むすび」には、このプロジェクトに関わったすべての方の思いがこめられています。飯能は、町と郷を「むすぶ」、森と水を「むすぶ」、歴史と未来を「むすぶ」ところです。また、飯能の魅力が、もっともっと、人と人を「むすぶ」ように、「飯能むすび‐森と水の郷ウェブページ」を発信していきます。

編集スタッフ

赤松千里(代表)、赤松立太、佐藤浩一(編集長)、春原秀樹、テッド・ホルスト
(50音順)

協力スタッフ

ロゴデザインとウェブ制作:巾嶋良幸

記事・取材・撮影・画像提供:大野隆一、奥野実玲、鏡味國彦、川村カオル、国奥麻由、佐藤早都子、中村綱秀、安田守、吉武和真、吉武ゆり子(50音順、敬称略)

サーバー提供:飯能ケーブルテレビ株式会社

ご協力いただいた方々

深く感謝いたします。ありがとうございました。
浅野正敏、井上七恵、大河原章吉、大野隆一、柏木正之、加藤栄子、加茂孝子、小林琢馬、塩崎昭博、清水慶吉、鈴木地蔵、春原秀樹、田畑いずみ、田村八穂子、鴇田節男、中村ひろみ、南高麗まちづくり推進委員会IT実行委員会の皆さん、早瀬成憲、渕上晴美、矢島信乃、山田直行、吉武和真、吉武ゆり子
(50音順、敬称略)